MicroStation CONNECT Edition Help

文字スタイル

文字スタイルは、一貫性のある自動化された方法で1つのモデル(またはDGNライブラリを使用する作業環境WorkSet)に文字を配置できる、フォント、幅、高さ、色などの文字属性の名前付きのセットです。文字スタイル付きで配置されている文字要素は、スタイルが修正されると自動的に更新されます。要素テンプレートも追加規格として文字スタイルを使用します。DGNライブラリで指定された文字スタイルは、使用時にローカルファイルにコピーされ、DGNライブラリバージョンが変化しても自動的には更新されません(ただし、手動で同期させることはできます)。文字テンプレートは、文字スタイル付きでも文字スタイルなしでも配置できます。文字スタイル付きで配置された要素には上書きを指定することができ、スタイル値が修正されて保存された場合も要素に影響を与えることはありません。

1つの文字ノード内で複数の文字スタイルを適用することができます。「テキストエディタ」ウィンドウで、異なる文字スタイルを適用する文字を選択し、「文字スタイル」ドロップダウンリストから目的の文字スタイルを選択します。

「文字を配置」「文字:矢印と引き出し線付き」、および「文字を編集」の各ツールの「文字スタイル」設定値は、アクティブな文字スタイルを反映します。次の方法でアクティブな文字スタイルを設定することもできます。
  • 「文字スタイル」ダイアログボックスでスタイルをダブルクリックする。
  • 「文字スタイル」ダイアログボックスでスタイルを右クリックして、「アクティブ」を選択する。
  • 「文字スタイル」ダイアログボックスでスタイルを選択して、「アクティブ」アイコンをクリックする。
  • TEXTSTYLE ACTIVE <スタイル名>」キー入力コマンドを使用する。

フォントをDGNファイルに埋め込むことはできません。RSCフォントを配布するには、該当するリソース(.RSC)ファイルをMS_FONTPATHで指定されたディレクトリに配置する必要があります。TrueTypeまたはSHXフォントを配布するには、該当するSHXまたはTTFフォントファイルを、MS_FONTPATHで指定されたディレクトリまたはデザインファイルと同じディレクトリに配置する必要があります。

特定のフォントがシステムで見つからない場合、フォント構成ファイルで指定された、現在のロケールとフォントタイプに適したフォントに置き換えられます。

文字スタイルライブラリの文字スタイルが変更されても、変更前にDGNファイルに配置された文字スタイルは、DGNファイル内では自動的に更新されません。DGNファイルのローカル文字スタイルを更新して、文字スタイルライブラリで変更を反映するには、次のいずれかの操作を実行します。
  • 「文字スタイル」ダイアログボックスでスタイルを右クリックして、ポップアップメニューから「ライブラリから更新」を選択する。
  • 「文字スタイル」ダイアログボックスでスタイルを選択して、アイコンバーの「ライブラリから更新」アイコンをクリックする。
  • DGNLIB UPDATE TEXTSTYLESキー入力コマンドを使用する。

DGNファイルから未使用の文字スタイルを削除するには、ファイルを圧縮「ファイル」 > 「ツール」 > 「ファイルを圧縮」)オプションを使用します。

ヒント: アクティブな文字属性は、キー入力コマンドを使って設定することもできます。ショートカットキー入力コマンド(xx=)を使用する方が、ダイアログボックスを開いてコントロールを使用するよりも速い場合があります。