MicroStation CONNECT Edition Help

3次元での吹き出しの概要

図面構成では、ダイナミックビュー機能を使用して、シート構成を作成します。以前の版では、モデルをすべて平面で視覚化することはできるものの、シートモデルに配置された寸法、注釈、その他の詳細を知ることはできませんでした。これらの詳細を表示するには、手動でシートモデルに移動する必要がありました。また、3次元デザインモデルに吹き出しを配置することもできませんでした。最新版では、3次元デザインモデルに吹き出しを配置し、3次元デザインモデルに配置されたシートグラフィックも自動的に表示できるようになりました。このMicroStationの機能は、 ハイパーモデル とも呼ばれます。

3次元で吹き出しを使用する利点:

  • 吹き出しを使用すると、図面を理解して解釈しやすくなります。
  • プロジェクトのコミュニケーション効果が高まり、より豊富な情報に基づいた意思決定が可能になります。
  • すばやく洞察を得られるため、プロジェクトの質が向上します。プロジェクトの全フェーズ(デザイン、レビュー、構築、および運用)を通して、このような利点がもたらされます。
  • 吹き出しを使用することで、3次元デザインモデルの信頼性と効果が上がり、構築や運用などで使いやすくなります。

吹き出しを3次元に配置すると、既定では補助座標の上に配置されます。これを上書きするには、吹き出しを既存の要素にスナップします。