MicroStation CONNECT Edition Help

ネスト参照を使用した操作

参照として使用されるMicroStationデザインファイルに独自の参照ファイルがアタッチされている場合、これらはネスト参照になります。これらのファイル間のリンクは、多くのネスト階層(奥行き)を通じて維持できるため、1つのファイルを開いた場合に多くのファイルの内容を表示することができます。参照は個別に更新することができます。更新すると、マスター(または親)ファイルに変更内容が表示されます。親参照をモデルにアタッチしてライブネストをオンにすると、モデルにアタッチするネスト参照の階層数を制御することもできます。

AutoCADでは、ファイル関連性(アタッチとオーバーレイ)を創出するために2種類の参照を作成することができます。これらの参照は、いずれもアタッチされたファイル内のすべてのオブジェクトと、ネスト参照内のオブジェクトを表示することができます。AutoCADでは、ライブネスト参照を使用できますが、ネストの奥行きを制御することはできません。そのため、ネスト参照ファイル内のデータはすべて暗黙的に表示されます。