MicroStation CONNECT Edition Help

要素の透過

要素の透過は、モデル内の要素に透過を適用できる表示設定値です。透過性は、0~100%の範囲で変動します。値が0の場合、透過がないことを示し、値が100の場合、ほぼ完全に透明になることを示します。透過は、「参照」ダイアログボックスを使用して1つ以上の参照に適用したり、「画層マネージャ」ダイアログボックスを使用して1つ以上の画層に適用したりすることもできます。

透過の適用先とその場合の適用対象

  • 参照に適用する場合、その参照内のすべての要素が含まれます。
  • 画層に適用する場合、その画層上のすべての要素が含まれます。

要素、参照、および画層には、異なる透過値を割り当てることができます。複数の場所に異なる透過値が割り当てられている場合は、次の式で有効な透過値を計算します。

有効な透過値 = 1 -(1 - 画層の透過値)*(1 - 要素の透過値)*(1 - 参照の透過値)