MicroStation CONNECT Edition Help

レポート定義

レポート定義は、DGNファイルからデータを抽出して表形式で表示するための方法です。レポート定義の評価の結果がレポートであり、データ行の一覧が表示されます。たとえば、モデル内に存在する直径5以上のパイプの数を調べる場合は、アイテムタイプPipeを基に、Diameter>= 5でフィルタしたレポートを作成できます。このレポート定義を評価すると、各行が1つのパイプを表すレポートが得られます。レポートでは、関連するプロパティのセットを結合して1つの行にすることもできます。たとえば、デザインファイルのプロパティとWorkSetのプロパティ、またはアイテムのプロパティとそのアイテムがアタッチされた要素のプロパティを、レポートでまとめて一覧表示できます。ソートと書式設定のオプションを定義してレポートの表示をカスタマイズすることもできます。

レポートは、テーブルとして配置することも、Excelワークブックまたは.csvファイルにエクスポートすることもできます。

アイテムタイプからレポートを生成するには、「レポート」ダイアログボックスでレポート定義を作成する必要があります。

シートインデックスの場合、インデックスシートをテーブルとして配置すると、「レポート」ダイアログボックスに自動的にインデックスシートのレポート定義が作成されます。

エクスプローラで高度な検索または条件検索を実行し、検索結果をレポート定義として保存することができます。

タグレポートテンプレートをレポート定義にアップグレードする

古いタグレポートテンプレートをレポート定義にアップグレードすることができます。アップグレードすると、タグレポートテンプレートの列がレポート定義の列に変換されます。タグレポートテンプレートのタグセットはアイテムタイプとしてアップグレードされます。

シートインデックスレポート

シートインデックスをテーブルとして配置する場合、シートインデックスのレポートが「レポート」ダイアログボックスに自動的に作成されます。シートインデックスレポートはカスタマイズすることも、Excelワークブックまたは.csvフォーマットにエクスポートすることもできます。

エクスプローラでの検索のレポート

エクスプローラで高度な検索または条件検索を実行し、検索結果をレポート定義として保存することができます。50 m2より広い面積の部屋を検索するシナリオを想定します。「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブで高度な検索クエリを作成することによって同じ検索ができます。このような部屋のリストを作成する必要があるとします。検索結果をレポートとして保存し、そのレポートからテーブルを配置することができます。

エクスプローラの検索結果から作成したレポート定義には次が含まれます。
  • レポート名 - 検索ノードの名前と一致します。
  • アイテムタイプ - 検索で定義したアイテムタイプと一致します。
  • フィルタ - 検索で定義した条件に一致します。
  • 場所 - 「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブまたは「アイテム」タブで検索を実行する場合、場所はすべての参照を含むアクティブなモデルです。「エクスプローラ」ダイアログボックスの「リソース」タブで検索を実行する場合、場所は構成変数式($(_DGNFILE);$(MS_DGNLIBLIST);$(MS_DGNLIBLIST_DRAWCOMP)など)です。
  • 列 - 「高度な検索」ダイアログボックスで明示的に選択されたプロパティに基づきます。
  • ソートルール - 「高度な検索」ダイアログボックスで指定された並べ替え順に基づきます。
注記: 「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブで実行された検索結果は、対応するレポート結果と厳密に一致しない場合があります。ファイル検索にはアクティブなモデルと辞書モデルが含まれ、共有されたセルやスタイルなどのアイテムも検索されるからです。