MicroStation CONNECT Edition Help

ダイナミックビューのワークフロー2

この例では、3次元デザインモデルを使用して、デザインの切り取り領域を作成してから、切り取り領域の保存ビューを作成し、保存ビューを図面モデルにアタッチして、図面モデルをシートモデルにアタッチします。その後、i-modelとして印刷または発行することもできます。

ダイナミックビューと図面構成の段階に関する詳細については、「ダイナミックビュー」を参照してください。

ダイナミックビューを手動で使用するワークフロー2

  1. 「切り取り領域を適用」ツールを使用して、切り取り領域を作成します。
  2. 「保存ビュー」ダイアログボックスで、切り取り領域の保存ビューを作成します。
  3. 「モデル」ダイアログボックスで、図面モデルを作成して開きます
  4. 「参照」ダイアログボックスで、図面モデルへの参照として保存ビューをアタッチします。
  5. 「モデル」ダイアログボックスで、シートモデルを作成して開きます
  6. 「参照」ダイアログボックスで、シートモデルへの参照として図面モデルをアタッチします。
  7. i-modelを印刷または発行します。

これで、「図面を作成」ダイアログを使用して、ワークフロー2を自動化できます。

ダイナミックビューを自動化するワークフロー2

  1. 「切り取り領域を適用」ツールを選択します。
  2. ツール設定値で、「断面切り取りツール」アイコンをクリックします。
  3. 目的の図面シードをドロップダウンから選択し、切り取り領域表示スタイルの設定方法を設定します。
  4. ビューウィンドウで目的のデータ点を入力します。

    断面切り取り3次元領域が選択されたビューに適用されます。

  5. 切り取り領域要素を右クリックし、「図面を作成」を選択します。

    「図面を作成」ダイアログボックスが開きます。

  6. ドロップダウンから目的の図面を選択し、「図面モデルを作成」と「シートモデルを作成」チェックボックスをオンにします。
  7. 「OK」をクリックします。

    まず、保存ビューが作成され、新しい図面モデルにアタッチされます。次に、新しいシートモデルが作成され、図面モデルが参照されます。「モデルを開く」チェックボックスがオンになっている場合は、新しいシートモデルが開きます。

  8. i-modelを印刷または発行します。