MicroStation CONNECT Edition Help

リアリティモデルのクラス分類

リアリティモデルは、主にエンジニアリングパートナーにコンテキストを提供するために使用されています。リアリティモデル作成の進歩により、これらのモデルの忠実度は大幅に向上しましたが、モデルが単体として扱われていたため、その価値は若干制限されていました。Acute3D ContextCaptureツールでは、都市やプラントなどの大規模なインフラストラクチャプロジェクト全体を非常に正確に表現するリアリティメッシュを作成することが可能です。しかし、都市は多くの区画で構成され、プラントは多くの構成要素で構成されています。リアリティモデルでは区画や構成要素をそれぞれ正確にキャプチャすることができますが、区画や構成要素をリアリティモデルの残りの部分から区別する方法や、モデルの基盤となるエンジニアリングデータやGISデータと関連付ける方法がない場合は、モデルの価値は制限されます。

MicroStationでは、エンジニアリングオブジェクトやGISオブジェクトを活用するという考えを導入することにより、リアリティモデルをこれらのオブジェクトを表現する個別の領域のセットへと空間的に分類します。

GIS分類

GISデータは、データを空間的に分類するための基礎的な境界と、境界にアタッチされている情報を提供するため、多くのリアリティモデルで容易に利用できる分類ソースです。以下に示す例は、2015年の教皇訪問を支援するためにキャプチャされたフィラデルフィア中心部のモデルと建物のフットプリントです(https://www.opendataphilly.org/で公開中)。リアリティモデルとGISデータの両方が地理的に配置されているため、このデータをそのまま正確にオーバーレイすることができます。したがって、建物のフットプリントを使用して、リアリティモデルを個別の建物へと空間的に分類するためのテンプレートを用意することもできます。各建物のフットプリントは、リアリティモデル内のフットプリント上方の領域と自動的に関連付けられます。また反対に、リアリティメッシュの図形は、その下方にあるフットプリントと関連付けられます。

建物のフットプリントを使用してリアリティモデルを空間的に分類することで、インテリジェントでない単一のメッシュではなく、GISデータを備えた個別の建物としてリアリティモデルにアクセスできます。

GISデータと分類されたリアリティモデルの間のリンクは双方向リンクです。分類されたリアリティメッシュを選択して基になっているデータにアクセスしたり、GISデータを選択してリアリティメッシュ分類にアクセスすることが可能です。

商業通りなど、別種のGISデータを使用して、フィラデルフィアの例で他の分類を行うこともできます。下の画像には、パークウェイ/ローガンスクエア通りが単独で表示されています。

リアリティメッシュのサポート

MicroStation CONNECT Editionでは、"リアリティメッシュ""Acute3Dメッシュ"と呼ばれていました。また、リアリティメッシュを操作するツールへのアクセス方法は、主にキー入力コマンドでした。MicroStation CONNECT Edition Update 2には、リアリティメッシュをアタッチおよび操作するためのユーザーインターフェイスが完備されています。さらに、リアリティメッシュをデザインデータやGISデータで分類したり、これらのデータと関連付けたりすることができるように、リアリティメッシュを空間的に分類するためのサポートが追加されました。