MicroStation CONNECT Edition Help

文字の配置

文字の属性は通常、文字スタイルによって制御されます。たとえば、文字スタイルを使用して、モデルの文字のフォント、配置基準、およびサイズを制御できます。

注記: 文字サイズは、注釈尺度の影響を受ける場合があります。注釈尺度ロックがオンの場合(「作図」 > 「作図補助」 > 「ロック」ダイアログボックス起動ツール)、新しく作成される文字はすべて、「プロパティ」ダイアログボックスで指定された「注釈尺度」に応じて自動的に拡大縮小されます。


1行(上)と複数行(下)の文字配置基準。左から:左上、中央、右下。基準点はポインタの位置に配置されます。THは高さ、TWは幅、LSは行間隔をそれぞれ示しています。

複数行の文字または複数の書式を含む文字は、自動的に文字ノードに変換されます。複数行の文字には、行と行の間隔を定義する行間隔属性があります。各文字ノードは一意のID(要素IDとは異なります)を持ちます。「文字ノード」ビュー属性がオンの場合、このIDをユーザー基準点の十字線とともに表示することができます。1行の文字要素の最大文字数は65,535文字です。