MicroStation CONNECT Edition Help

「トーンマッピングアニメーションフレーム」ダイアログボックス

トーンマッピングを適用し、希望の出力フォーマットでアニメーションフレームを作成する場合に使用します。

このダイアログボックスには、次からアクセスすることができます。
  • 「アニメーションプロデューサ」ダイアログボックス:「ファイル」 > 「トーンマッピングBIMGファイル」


設定説明
(.bimg)ファイルを参照 このアイコンをクリックすると、「ファイル名を記録」ダイアログボックスが開き、.bimgファイルを選択できます。
画像出力ファイルを選択 このアイコンをクリックすると、「ファイル名を記録」ダイアログボックスが開き、出力画像ファイルのフォルダとファイルの種類を選択できます。
トーンマッピングモード トーンマッピングの適用には、次の3つのオプションがあります。
  • 「輝度の調節」を選択すると、範囲の中間の輝度が設定されます。
  • Dragoトーンマッピングは、人間の目の反応を模倣しています。
  • Reinhardトーンマッピングは最もよく使われるモードの1つで、すべてのピクセルが照らされている完全な画像に対しては効果を発揮します。ただし照らされていない背景ピクセルが多い画像にはうまく機能しません。
輝度 (「トーンマッピングモード」を「輝度の調節」に設定)レンダリングの輝度を調整します。
コントラスト (「トーンマッピングモード」を「輝度の調節」と「Reinhard」に設定)レンダリングのコントラストを調整します。
ガンマ ディスプレイ機器の差分を調整するときに使用します。
露出 (「トーンマッピングモード」を「Drago」に設定した場合に使用可)出力画像の輝度を調整します。
明るさ (「トーンマッピングモード」を「Reinhard」に設定した場合に使用可)レンダリングにおける画像全体の強度を調整します。
ブルーム ブルームは、画像のきわめて明るい部分ときわめて暗い部分を隣接したときに、明るい部分がより輝いて見える状態です。オンに設定すると、Luxologyブルームによりこの効果がシミュレートされ、ピクセルから余分なエネルギーが削除されて隣接するピクセルに分散されます。
しきい値 ブルーム効果を適用するピクセルについて、最小限のしきい値を設定します。この値が小さいほど、より明るさの少ないピクセルにブルーム効果が適用されます。
半径 エネルギーを分散させるピクセル範囲を設定して、輝きの大きさを制御します。この値が大きいほど、ブルーム効果の範囲が大きくなります。