MicroStation CONNECT Edition Help

別のタスクまたはワークフローでタスクまたはワークフローを参照するには

タスクを別のタスクで参照するには、次の手順に従います。
  • タスクをDGNライブラリ(拡張子が.dgnlibのファイル)で作成および保存する。
  • .dgnlibファイルが、構成されたDGNライブラリファイルとともに(つまり、MS_GUIDGNLIBLIST構成変数で指定されている場所に)保存されていることを確認する。
  1. 「カスタマイズ」ダイアログ「ファイル」 > 「設定」 > 「構成」 > 「カスタマイズ」の「ツール」タブで、「タスク」タブを展開します。
  2. 次の1つを行います。

    「ユーザータスク」セクションを展開して、開いているDGNライブラリを展開します。

    または

    「ユーザータスク」セクションを展開して、他のDGNライブラリを展開します。

    または

    「アプリケーションタスク」セクションを展開して、MicroStationタスクを展開します。



  3. コピーするタスクまたはワークフローを選択します。
  4. 右クリックして、ポップアップメニューから「コピー」を選択します。
  5. 「ユーザータスク」セクションを展開して、開いているDGNファイルを展開します。
  6. タスクまたは作業フローのコピー先となるカスタムタスクまたは作業フローを右クリックし、ポップアップメニューから「タスク参照を貼り付け」を選択します。

    タスクまたはワークフローが、カスタムタスクまたはワークフローのアイコンによって参照されます。





タスクのインスタンスを1つ作成して、他のタスクで参照することができます。タスクを変更する必要がある場合は、元のタスクだけを変更します。

  • 元のタスクを変更すると、参照されているタスクは自動的に更新されます。
  • 参照されているタスクを選択すると、「プロパティ」ペインの「タスクパス」に元のタスクの場所が表示されます。
  • 参照されているタスクは切り取り、コピー、削除、並び替えできますが、修正や名前の変更はできません。