MicroStation CONNECT Edition Help

演算子

構成変数を定義する場合は、以下の演算子を使用することができます。

演算子 説明
> 可能変数値を作業モード変数設定値の後に追加します。

次に例を示します。

_USTN_CAPABILITY > +CAPABILITY_PARASOLID

< 可能変数値を作業モード変数設定値の前に追加します。次に例を示します。

_USTN_CAPABILITY < –CAPABILITY_RASTER_BACKGROUND

注記: "="演算子は使用しないでください。初期定義の後に「=」を使用すると、以前の定義がすべて上書きされ、不適切な動作や予期せぬ動作が生じる場合があります。