MicroStation CONNECT Edition Help

アキュドローのデザイン平面の向き

アキュドローは2次元デザインの強力なツールです。3次元で利用するとさらに有効です。アキュドローにより、ビューの向きが違っても、既知の座標系で作業を行うことができます。たとえば、アキュドローのデザイン平面を「上面」ビューに設定しながら、アイソメ図で作業することができます。アキュドローのデザイン平面の向きは、「アキュドロー設定値」ダイアログボックス内の「座標系」の「回転」設定値によって決まります。

座標系の回転 定義
上面(既定) 上面ビューに一致するようにコンパスの方向を設定します(回転しないビューと同じ2次元で)。
正面 正面ビューに一致するようにコンパスの方向を設定します(3次元のみ)。
側面 側面図ビューに一致するようにコンパスの方向を設定します(3次元のみ)。
ビュー 現在のビューの軸にコンパスの方向を設定します。
補助座標 最後に定義された補助座標系にコンパスの方向を設定します(「補助座標の回転」を参照)。
文脈 現在のツール、前のデータ点、および<RQ>キーボードショートカットなどのいくつかの要因に影響された一時的な方向です。

アキュドローの自動デザイン平面の向き

1つの標準ビューから別のビューにモデルの方位設定をする場合、アキュドローは自動的にデザイン平面の方位を設定し、標準ビューに合わせます。たとえば、デザイン平面の向きが上面に合っているアイソメビューで作業をし、モデルを正面ビューに回転する場合は、アキュドローが自動的にデザイン平面の方位設定をし、正面ビューに合わせます。

2次元のデザイン平面軸の回転

標準デザイン平面の向きに沿って、キーボードショートカットを使用してデザイン平面軸の回転を変更できます。2次元では、ビュー軸に対してアキュドローのデザイン平面を回転することが制限されます。これは、2次元で回転ビューに配置される制限と一致します。

回転に依存するツール

使用するツールによっては、デザイン平面軸を動的に回転すると多少の異なった結果をもたらします。たとえば、「長方形を配置」(直交)ツールを用いて長方形(矩形)を置くとすると、その向きはデザイン平面のXY軸により決まります。

デザイン平面軸を回転すると、長方形の主要な軸は回転されたXY軸に拘束されます。

これを「線分を配置」ツールを使用した場合の効果と比較してみましょう。デザイン平面軸が回転し、動的な読み取りが新しく回転された系の関数である間、ツールは、どの場所にでも線分を動的に配置可能な状態が続きます。

クイック回転ショートカットキー入力コマンド

クイック回転ショートカット(<R>キーと<Q>キー)を使って、現在のデータ点についてのみデザイン平面の向きを変更し、その後で通常の向きに戻すことができます。この機能は使用するツールによって変化します。