MicroStation CONNECT Edition Help

ラスターマネージャとバイナリ作業モード

ラスターマネージャには、3つのバイナリ作業モードがあります。各作業モードは、特定の方法でバイナリ(1ビット)画像を処理、管理、表示できるように設計されています。

作業モードは、2004 Edition以前のバージョンとの整合性を保つために以前の表示モードに戻すときに使用できます。

作業モードをアクティブにするには、構成変数を使用します。「白黒」、「ラスター参照」、「2色」の3つの作業モードがあります。構成変数が設定されていない場合や、無効な値が定義されている場合は、既定の作業モードとして「2色」の作業モードが自動的に設定されます。

既定の作業モードを設定または変更するには

  1. 構成変数MS_RASTER_1BIT_WORKMODEを作成します。
  2. 上記で作成した構成変数に、有効な数値(0、1、または2)を割り当てます。
注記: 有効な値は次のとおりです。
  • (0) :白黒
  • (1) :ラスター参照ファイル
  • (2) :2色

(0)白黒作業モード

0(ゼロ)を割り当てると、バイナリファイルは白黒フォーマットと同等に扱われます。このモードでは、2色のフォーマットも白黒として読み込まれます。このモードは、1ビットラスター画像ファイルフォーマットの業界標準に適合します。1ビットラスター画像ファイルを、異なるシステムやアプリケーションとの間で交換すると、これらのファイルは常に完全に同じように表示されます。このモードでは、ラスターマネージャが1ビットラスター画像ファイルの視覚的な特性を保持するときに、その整合性が確保されます。このことは、特に、DWG作業モードで作業する場合、Bentley I/RAS B間や他のMicroStationベースのプログラムとの間で移行する場合に当てはまります。

背景のピクセル色は、常に、ビューの背景色と同一です。

  • 前景のピクセルのみが、異なる色で表示されます。
  • 背景ピクセルには、ビューの背景とまったく同じ色が割り当てられます。
  • 背景のピクセルは、透過機能が自動的に切り替えられることによって、透明にレンダリングされます。
  • 透明な背景は、「プロパティ」ダイアログボックスの「色」タブにある「透過」オプションをオフにすることで、オフに設定できます。

前景ピクセルに割り当てられる前景色は、「前景色」設定値によって割り当てられます。

  • 「アタッチ」ダイアログボックスで、2色または白黒の画像を選択すると、プレビュー領域に「前景色」オプションが表示されます。
  • 選択した色は、前景ピクセルを表示するときに使用されます。

前景ピクセルの色がビューの背景色と同じである場合、ラスター画像ファイルの前景ピクセル色は自動的に別の色に変更されて、ビューでピクセルがレンダリングされます。

  • ビューの背景が、前景ピクセルで使用されているいずれかの色と同じ色に修正された場合、自動タスクである"ベストコントラスト色"により、前景ピクセルがビューの背景色と混ざらないように調整されます。
  • 色の比較が行われたときにRGB値が同一であると、色は"同じ"であると解釈されます。
注記: "白黒"の作業モードで2色の画像を表示しているとき、画像の色は「ラスター参照をアタッチ」ダイアログボックスで選択された色で置換されます。

(1)ラスター参照作業モード

このモードでは、ラスター画像ファイルはMicroStationの以前のラスターエンジンである「ラスター参照ファイル」に準拠する方法で表示されます。

(2)2色作業モード

「2色」の作業モードは、バージョン8.0および8.1のラスターマネージャに準拠します。