MicroStation CONNECT Edition Help

被写体を基準にしてカメラを水平にパンするには

  1. 「カメラ定義」ツール(「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「カメラ」)を選択します。
  2. ツール設定値ウィンドウのアイコンバーで、「水平にパン」アイコンをクリックします。

  3. 「参照点」オプションメニューから「被写体」を選択します。
  4. 「継続したビューの更新」「視円錐を表示」をオンにします。
  5. カメラビューのポインタを使用してデータ点を入力します。
  6. ポインタを左右に移動すると、(最初のデータ点を基準に)被写体を中心にカメラが同じ方向に回転されます。

    ポインタを移動すると、カメラビューは動的に更新されます。同様に、他の開いているビューの視円錐も更新されます。

  7. データ点を入力して、新しいビューの向きを承認します。


    「参照点」設定を「被写体」に設定: カメラビューで画面のポインタを水平に移動(右)すると、被写体を中心にしてカメラが水平に回転します(左上は上面、左下は右側面)。

    注記: 同様に、視点を参照点に選択することで、視点を中心に被写体を水平に回転できます。


    「参照点」を「視点」に設定: カメラビューで画面のポインタを水平に移動(右)すると、視点を中心にして被写体が水平に回転します(左上は上面、左下は右側面)。

    注記: ツール設定値ウィンドウの「続き」セクションに正確な入力フィールドを使用すると、「水平にパン」設定の正確な値を入力できます。この場合、「向き」フィールドのみが関連する場合を除き、「パン」機能と同様に動作します。
    注記: 回転をプリセットの値に制限できます。この場合、回転が水平のみの場合を除き、「パン」機能と同様に動作します。