MicroStation CONNECT Edition Help

ペンテーブル

ペンテーブルは、デザインファイルの印刷出力を再記号化する命令が指定されたASCIIテキストファイルです。これらの命令は、ペンテーブル内のセクションに格納されます。ペンテーブルは、「ペンテーブル」ダイアログボックスを使用すると自動的に作成または修正されます。

各ペンテーブルのセクションには、要素の選択基準や要素の出力アクションがあります。ペンテーブルは、印刷出力の生成時に、特定のタイプの要素および関連付けられた要素の特性が存在するかどうかを判定します。該当する要素が検出された場合は、要素またはその特性に対し、目的の出力を得るために必要な処理(修正、強調、排除など)が実行されます。次のテスト基準があります。

  • 要素タイプ
  • ファイル
  • 線幅
  • 塗り潰しの色
  • 画層
  • 線種
  • クラス
  • MSLink番号(外部データベース)
  • エンティティ番号(外部データベース)

要素の評価は、指定された基準に基づいて行われます。これらのパラメータの任意の組み合わせを評価の対象にすることができます。多くの要素(画層など)には、複数の値または値の範囲を指定することができます。