MicroStation CONNECT Edition Help

DGNライブラリの図面シード

図面シードは、プロジェクトでダイナミックビューを自動化するためのテンプレートです。CAD管理者は、各分野と用途の組み合わせに対して1つ割り当てられるDGNLibで、図面シードのリストを提供できます。

CAD管理者は次の作業フローに従って、図面シードファイルをカスタマイズできます。

  1. 構成のDGNlibフォルダにDrawingSeed.dgnlibをコピーし、名前を変更します。構成フォルダのパスが、MS_DGNLIBLIST_DRAWINGSEEDS構成変数で設定されていることを確認します。この構成変数が参照する図面シードが収集されます。
  2. コピーした.dgnlibをカスタマイズします。カスタマイズされた図面シードを作成します。ただし、既存のモデルの名前を変更しないでください。
  3. カスタマイズされた.dgnlibのシートシードモデルを作成し、「図面境界を配置」ツールを使用して、シートモデル内に図面境界を作成します。
  4. MicroStationセッションを再開します。カスタマイズされた図面シードのスタイルが、吹き出し配置ツールの「図面シード」ドロップダウンに表示されます。
  5. シードファイルの保存ビューがDGNファイルの「保存ビュー」ダイアログボックスに表示されないようにするには、MS_SAVEDVIEW_EXCLUDELIBS構成変数が保存ビューを含むシードファイルを参照するように設定します。
注記: DGNLibファイルを使用しているときには、アクティブなDGNLibでのみ図面またはシードモデルを作成できるため、「図面を作成」ダイアログの「ファイル名」チェックボックスが無効になります。
注記: 図面シードからダイナミックビューを作成する場合、図面シードの図面またはシードモデルに配置された吹き出しは、ダイナミックビューの図面またはシートモデルにコピーされます。これを避けるためには、図面シードの図面やシートモデルに吹き出しを表示したままにしておかないようにする必要があります。吹き出しを非表示にするには、図面シード内の「吹き出しを表示」アイコンをオフにします。

DGNLibファイルで作成される保存ビューは、次の場合に、有効な図面シードの保存ビューとして処理されます。

  • MS_DGNLIBLIST構成変数が参照するDGNLibファイルで作成される。
  • 図面モデルの有効な参照またはシートモデルの有効な図面境界、あるいはその両方を参照するリンクがある。モデルは同じファイルになければなりません。
  • DGNLibの各図面モデルとシートモデルに、1つの図面シードの保存ビューへの参照ファイルが含まれる。
  • 詳細記号スタイルがある。