MicroStation CONNECT Edition Help

3次元でのセルの使用

3次元モデリングでは、セルは2次元の場合と同様に使用します。3次元モデルに2次元セルを配置できます。その逆も可能です。2次元モデルに3次元セルを配置すると、セルは「上面」ビューの向きに配置されます。つまり、Xデザイン軸とYデザイン軸が2次元モデルのXデザイン軸とYデザイン軸に一致します。

3次元セルの作成

3次元でセルを作成する方法は、2次元での方法(「セルの作成と編集」を参照)と似ていますが、次の点が異なります。

  • 3次元セルは、2次元セルと同様に、単にDGNファイル内で「セルとして配置可能」設定値がオンになっているモデルです。
  • 3次元では、セルは作成時の向きを保持しています。たとえば、「上面」ビューで作成されたセルは、常に「上面」ビューのように配置されます。つまり、長さと幅が常にビューのX軸とY軸(アキュドローがアクティブでない場合)またはアキュドローのデザイン平面(アキュドローが使用されている場合)に沿って配置されます。普通、セルは後の配置を容易にするために、直交ビューの1つに作成する必要があります。
  • 3次元セルは、枠の領域とビューの「表示の奥行き」で決定される3次元領域に作成されます。
注記: 後でセルとして使用するオブジェクトをそれぞれ別のモデルとして作成することをお勧めします。