MicroStation CONNECT Edition Help

図面とビジュアルの生成

ここでは、図面とビジュアルの作成について説明します。それぞれのトピックでは、AutoCADの概念またはコマンドを示してから、それに類似するMicroStationコマンドまたは概念について説明します。

属性とタグ

AutoCADのブロック属性(ATTDEFコマンド)

MicroStationでは、ラベルを図面エンティティに割り当てるためにタグを使用します。この非図形注記オブジェクトは、カンマ区切りのASCIIテーブルでさまざまなレポートを生成するために使用することができます。タグは、個別に配置することも、要素に関連付けることも、セルに組み込むこともできます。タグを使用する場合は、タグセットを定義してから、タグを定義する必要があります。

タグをDWGフォーマットに変換する図面で使用する場合や、DWG作業モードで割り当てる場合は、タグを共有セルに組み込む必要があります。その場合は、最初に共有セルを作成し、次に「タグをアタッチ」ツールを使用してタグを既存のセルにアタッチします。標準のMicroStationで、タグを共有セルまたは通常セルに組み込むには、タグと他の要素を選択してからセルを作成します。

MicroStationユーザーも、可変文字プレースホルダとして文字入力フィールドを頻繁に使用します。このフィールドを定義するには、テキストエディタに新しい文字を入力するときに指定の文字(「文字」選択事項で定義され、通常は下線)を使用します。このテクニックを利用すると、固定文字と可変文字の両方を同じ文字要素に含めることができます。たとえば、文字入力フィールドを"パーツ番号_ _ _ - _ _"と表示することができます。

文字入力フィールドを作成したら、「1つの文字入力フィールドを埋める」ツールまたは「文字入力フィールド:自動で埋める」ツールを使用して、文字入力フィールドを文字要素に埋め込みます。

詳細については、「タグ」を参照してください。

寸法記入

AutoCADのDimLinear、Dimradius、DimStyleなどのコマンド

長さ寸法の割り当て

複数の要素タイプ(線分、円、弧など)に寸法を配置する場合は、「要素寸法記入」ツールを使用します。

要素の一部に寸法を記入する場合は、「直列寸法記入」ツールの長さ寸法モードを使用します。

角度寸法の割り当て

角度寸法記入」ツールの2線間角度モードは、2直線間の角度寸法を記入するのに最適なツールです。要素が必ずしも線図形ではない場合に角度直列寸法を記入するには、このツールの角度直列寸法モードを使用します。

半/直径の割り当て

円または弧要素に半径寸法または直径寸法を割り当てる場合は、「要素寸法記入」ツールを使用します。適用される寸法のタイプは、ツール設定値のモードアイコン選択で決まります。

寸法スタイルの設定

「寸法スタイル」ダイアログボックスでは、寸法スタイルを制御することができます。左側のカテゴリごとに、右側で適切な寸法設定値を入力してから、専用の名前を付けてスタイルを保存します。寸法設定値とアクティブな寸法スタイルを設定した後で寸法を図面に割り当てます。詳細については、「寸法のスタイルと設定値」を参照してください。

フォント

MicroStationでは、従来のMicroStationフォント、TrueTypeフォント、およびAutoCAD図形フォント(*.shx)の3種類のフォントがサポートされます。使用可能なフォントは、次の場所にあります。
  • オペレーティングシステムの\fontsディレクトリ
  • MicroStationプログラムディレクトリ内の ..\Default\Symb\ フォルダにある既定のfont.rscファイル
  • AutoCADのインストールディレクトリの\fontsディレクトリ

アクティブなフォントは、現在の文字スタイルで決定され、デザインファイル内でさまざまな文字スタイルを定義することができます。上記の3種類のフォントのうち、使用可能なすべてのフォントが「文字スタイル」ダイアログボックスに表示されます。アクティブな文字スタイルは、配置した文字、注記、タグのほか、文字を使用する要素タイプに適用されます。

注記: ネイティブのMicroStationフォントは、DWGファイルフォーマットと互換性がありません。DGNファイルをDWGに保存した場合、フォントは*.shxフォントに変換されてから、AutoCADのインストールディレクトリ\fontsに保存されます。

レイアウトとシートモデル

AutoCADのペーパー空間レイアウト

MicroStationでは、作図レイアウトを保存するためにシートモデルを使用します。デザインの文書化処理を開始するには、最初に新規のシートモデルを作成します。

次に、シートモデル内でレイアウトを作成するために、目的のビューポイントとデータを示す、メインモデルの参照ビューをアタッチします(「本図」リボングループの「参照」ツールを使用)。これらのビューは、多くの場合、自己参照です。すなわち、現在のファイルがそのファイル自体で参照されます。現在のファイルでモデルを自己参照すると、開いている第1のビューが表示されます。レイアウト図面ビューは、関連情報を含む他のデザインファイルから生成することもできます。

プロットスタイルテーブルとペンテーブル

AutoCADの印刷スタイルテーブル(*.ctbおよび*.stb)

「印刷」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「印刷」 > 「印刷」)を開いて、ペンテーブルを使用してペンを割り当てます。「再記号化」メニューを通して、テーブルをインポート、作成、アタッチ、および変更することができます。

レンダリング

AutoCADのRENDERコマンド

MicroStationでは、ビジュアリゼーションワークフロー内でレンダリングのツールと設定を使用できます。レンダリングツールには、光源、カメラ、および材質があります。3次元画像をレンダリングするには、レンダリングツールを選択し、レンダリングを適用するビュー、枠、または要素を選択します。レンダリングモードは、「ビュー表示モードを設定」ビュー制御のモードに似ています。

材質を割り当て」ツールでは、2つの方法で材質をソリッドに割り当てることができます。「要素の色/画層に割り当て」では、選択したソリッドの色と画層に材質を割り当てます。この場合、色と画層の設定値に一致する他のすべてのソリッドに同じ材質が割り当てられます。「材質を要素ごとにアタッチ」では、個々のソリッドに材質を割り当てます。

また、「材質を割り当て」ダイアログボックスで材質のプレビュー領域をダブルクリックすると、「材質エディタ」ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスでは、周辺光の既定値とその他の材質に基づくさまざまな属性を設定するができます。モード設定値は、割り当てられた材質を修正したり、削除するために使用します。