MicroStation CONNECT Edition Help

印刷スタイル

印刷スタイルとは、尺度、回転、色などの印刷定義プロパティに名前を付けたものです。これを使用して、一貫性があり自動化された方法で印刷セットが作成されます。1つの印刷スタイルにDGN/DWG、ラスター、PDF、および共通設定値を含めることができます。共通設定値は、プリンタドライバ構成ファイルやWindowsプリンタ名を指定するときに使用されます。

印刷スタイルを使用すると、次の作業を行うことができます。

  • 印刷定義プロパティ値を保存して、再利用する。
  • 特定の尺度やペンテーブルを使用することで、図面標準を適用する。
  • プリンタなど、印刷セット全体に適用するプロパティを確立する。
  • プリンタ定義を作成したり、プリンタを変更したときに、既定のプリンタ定義プロパティ値を適用する。
  • 各プロットに対してプロットパラメータを再入力する手間を省き、時間を節約する。
  • DGN/DWG、ラスター、PDF、および共通設定値を含む1つの印刷スタイルを作成する。

印刷スタイルは、印刷オーガナイザと「印刷」ダイアログボックスで使用できます。特定のペンテーブルを使用して、特別な尺度で白黒のプロットを頻繁に作成する場合は、こうしたプロパティ値で印刷スタイルを定義し、プロットを作成するたびに適用することができます。

印刷スタイルは、DGNライブラリ(*.dgnlib)または開いているDGNファイルに保存されます。DGNLibに印刷スタイルが含まれている場合、その印刷スタイルは、MS_DGNLIBLIST_PRINTING構成変数が示す場所に保存されている必要があります。MS_DGNLIBLISTなど、他の検索パスの構成変数で指定されている場合、印刷スタイルは検出されません。

注記: 印刷スタイルをDWGファイルに保存することはできません。