MicroStation CONNECT Edition Help

「効果マネージャ」で日中のシーンをレンダリングするには

  1. 「効果マネージャ」ダイアログボックス(「ビジュアリゼーション」 > 「ホーム」 > 「レンダリング」)を開きます。
  2. 「画像セットをロード」アイコンをクリックし、必要な光源画像を開きます。
  3. リストからすべての光源(画像)を選択し、「オン」チェックボックスをオフにします。
  4. 「太陽光」を選択し、「オン」チェックボックスをオンにします。
  5. 希望する「明るさ」を設定し、色を白(RGB 255、255、255)に設定します。
  6. 「間接環境」を選択し、「オン」チェックボックスをオンにします。
  7. 希望する「明るさ」を設定し、色を白(RGB 255、255、255)に設定します。
  8. 「可視環境」を選択し、「オン」チェックボックスをオンにします。
  9. 希望する「明るさ」を設定し、色を白(RGB 255、255、255)に設定します。
  10. 「トーンマッピングモード」「輝度乗数」に変更し、輝度を「0.0」に設定します。
  11. (オプション)「画像設定値を名前を付けて保存」アイコンをクリックし、設定を保存します。

    日中のシーンを作成するには、「環境」および「太陽光」光源のみを有効化します。