MicroStation CONNECT Edition Help

既存の画像を使用してビューカメラを補正するには

  1. 「フォトマッチ」ツールを選択します。

    フォトマッチで選択されているビューに表示可能なラスター画像がない場合に開く「フォトマッチ」ダイアログボックス

  2. カメラを補正するビューを選択します。ビューの背景が、ラスター参照ファイルとして選択およびアタッチされた写真に変わります。


  3. モデルの目印になる点にスナップします。
  4. 目印の点を承認します。
  5. 目印の点に対応する画像の位置にあるデータ点を入力します。

    この位置にハンドルが表示され、画像の点を示します。



  6. 点のペアを追加する場合は、手順3~5を繰り返します。「一致」ボタンがアクティブになるまで追加する必要があります。

    指定するペア数を増やすことで、補正結果の精度を高めることができます。



  7. 「一致」ボタンをクリックします。

    ビューカメラが更新されます。



    結果が良ければ、モデルのレンダリングまたは詳細設定に進みます。修正する場合は、手順8を継続します。

    「一致」ボタンをクリックしたときにエラーメッセージが表示される場合、入力する点のペア数を増やしたり、ビュー制御を使用してモデルの向きを画像に合わせて改善します。調整後に改めて「一致」ボタンを押します。

  8. (オプション) 次の1つを行います。

    点のペアを追加して補正を改善するには、「追加」ボタンをクリックします。

    または

    以前に指定した画像の点の位置を修正して補正値を改善するには」の手順に従います。

    または

    点のペアをすべて破棄するには、「クリア」ボタンをクリックし、手順3に戻ります。

    最初からやり直す場合は、ラスター参照ファイルをデタッチします。

    注記: 標準のビュー制御を使用している場合、「カメラ位置」をオフに切り替え、フォトマッチの設定とカメラの位置を維持する必要があります。