MicroStation CONNECT Edition Help

DWG作業モードの機能

次の表に、DWG作業モード時のMicroStationの機能の動作内容を示します。

機能 DWG作業モードでの状態
3次元モデリング 3次元要素はACISボディとしてのみ配置され、パラソリッドモデルエンジンは無効になります。3次元モデリングツールのほとんどは、どちらのカーネルとも同じように連携するため、この設定値は透過的です。
フラグによる注釈 「注釈」ツールボックスのフラグの配置および編集に使用するツールは無効になります。
セル セルには次の制限が適用されます。
  • 共有セルのみを使用することができます。ライブラリセルを使用する場合は、共有セルとしてのみ配置します。
  • 新しいセルは、.DGNファイルまたは.CELファイルのセルライブラリで作成する必要があります。セルライブラリとしてアタッチされている.DWGファイルで作成することはできません。
MicroStationでは、カスタム色テーブルを使用することができますが、AutoCADでは、すべてのファイルで標準の色テーブルを使用します。MicroStationで使用するDWGファイルの表示色は、AutoCADの表示色と正確に一致します。DWGファイルを印刷する際は、MicroStationもAutoCADも、表示色と若干異なるを使用します。
複合要素 スプライン曲線は、複合連結や複合図形の一部としては使用されません。
デザイン履歴 デザイン履歴は無効になります。
寸法記入 MicroStationの多くの設定値とスタイルがサポートされません。
作図要素 アクティブな作図は「本図」に設定され、変更することができません。
グリッドの方向 グリッドは、上面に合わせて配置され、グローバル原点からX軸とY軸の方向に展開します。
ラスター画像のインポート Intergraphラスター画像、Sunラスター、プロシージャルアプリケーションファイル、Georeferenced TIFFファイル、およびImgファイルはインポートすることができません。
線種 線種1~7は無効になり、カスタム線種のみを使用することができます。
マーカー 既定では、DWGファイルのマーカーはオフになっています。マーカーをオンにするには、「ビュー属性」ダイアログの「表示方法」セクションの「マーカー」アイコンをクリックします。
モデル DWGファイルには、1つのデザインモデルまたは図面モデルと、複数のシートモデルを含めることができます。
名前付き境界 名前付き境界の機能は無効です。
ラスターデータの処理 ラスターマネージャの一部の機能がサポートされません
参照 アクティブモデルは自己参照することができません。また、参照をマスクで切り取ることはできません。
保存ビュー 次の操作が無効になります。
  • シートモデルの保存ビューを作成する
  • 保存ビューをシートモデルに適用する
  • 保存ビューをシートモデルから削除する
  • シートモデルの保存ビューのプロパティを編集する
線属性 要素の線属性の優先が無効になり、すべての要素が「ByLevel」線属性で表示されます(画層の属性を使用します)。
タグ タグは、共有セルにのみアタッチされます。
フォント *.SHXフォントとTrueTypeフォントがサポートされます。
ビューグループ ビューグループを作成、削除、修正することはできません。
ビューウィンドウの背景色 「選択事項」ダイアログボックス(「ファイル」 > 「設定」 > 「ユーザー」 > 「選択事項」)の「ビューオプション」カテゴリの「デザインの背景:黒 ->白」設定値は無効になります。DWGファイルのモデルとレイアウトの表示を変更するには、「DWGオープンオプション」ダイアログボックスで色を選択します。
ワイヤフレーム表示スタイル DWGファイルのワイヤフレームを表示するために、"DWGワイヤフレーム"という特別な表示スタイルがあります。DWGファイルが開くときに作成されます。ただし、DWGファイルのワイヤフレーム表示の新しい表示スタイルを作成し、この表示スタイルを上書きし、同じ名前でDGNLibに保存できます。この特別なワイヤフレーム表示スタイルは、既定のデザインモデルとすべてのシートモデルを含むすべてのDWGモデルで使用されます。