MicroStation CONNECT Edition Help

「メッシュ」タブ

注記: 目的の「メッシュ」タブのグループに"ジャンプ"するリンクを選択します。
 

作成

  • 要素からメッシュ
  • 面またはソリッドなどの3次元要素から平面図形のセットを作成します。
  • 等高線からメッシュ
  • 選択した等高線のセットから三角分割されたメッシュ要素を作成するために使用します。
  • 点からメッシュ
  • 選択した点のセットから三角分割されたメッシュ要素を作成するために使用します。点には、線の端点、連続線分、多角形の頂点、およびメッシュ要素を含めることができます。
  • メッシュの3次元領域を突き出す
  • メッシュの3次元領域を作成して3次元の底面メッシュを形成したり、対象と交差するメッシュ3次元領域を形成するために使用します。
注記: 「作成」ツールは、「メッシュを作成」ツールボックスにもあります。
 

メッシュを修正

  • ファセットを修正
  • 頂点の追加、頂点の削除、ファセットのエッジにスワップ、またはファセットの分割によって、メッシュ要素のファセットを修正するために使用されます。
  • メッシュにつなぐ
  • 2つ以上の図形を1つのメッシュ要素につないだり、2つのメッシュ要素を1つのメッシュ要素につなぐために使用されます。
  • メッシュを分割
  • 既存のメッシュを複数のパーツに分割するために使用します。
  • メッシュを削除
  • メッシュの元のファセットに近似する大きなファセットを作成して、メッシュ内のファセットの数を減らすために使用します。
  • メッシュの和
  • 複数の既存のメッシュ要素の和からメッシュ要素を作成するために使用します。
  • メッシュの積
  • 複数の既存のメッシュ要素の積でメッシュ要素を作成するために使用します。
  • メッシュの差
  • 既存のメッシュ要素を別のメッシュ要素から除去することによってメッシュ要素を作成するために使用します。
  • メッシュの投影
  • メッシュ要素上の開いたプロファイルまたは閉じたプロファイルをトリム、押印、埋め込むために使用されます。
  • メッシュをドラッグ
  • 選択した制御点のセットをドラッグし、選択したメッシュ要素の部分を修正するために使用します。
  • メッシュを再分割
  • 既存のメッシュ要素を取得し、元のメッシュよりも滑らかな新しいメッシュを作成するために使用します。
  • メッシュの法線を変更
  • メッシュ要素のそれぞれの面とアタッチされた法線の向きを変更するために使用します。
注記: 「メッシュを修正」ツールは、「メッシュを修正」ツールボックスにもあります。
 

メッシュユーティリティ

  • 境界を抽出
  • 1つまたは複数の境界線、境界線の一部、または境界点をメッシュ要素から抽出するために使用します。
  • ファセットを分割
  • メッシュ要素のファセットを分割または削除するために使用します。
  • メッシュをクリーンアップ
  • ファセットパラメータ、または隣接するファセット間のリレーションによってメッシュ要素を改良するために使用します。
  • メッシュを展開
  • 選択したメッシュ要素をモデルのX、Y平面で平坦化するために使用します。
  • メッシュの監査
  • 外側、ファセットの重なり、および不整合な法線を確認して指定するために使用されます。メッシュが閉じた3次元領域である場合に3次元領域をレポートし、上下X、Y、Z点を計算し、メッシュ全体の次元を表示するためにも使用されます。
  • 再生成
  • より適切な三角形の形状のファセットを作成するために使用します。
  • エッジ表示
  • メッシュ要素のエッジを非表示にするために使用します。
注記: 「メッシュユーティリティ」ツールは、「メッシュユーティリティ」ツールボックスにもあります。