MicroStation CONNECT Edition Help

シードファイル

DGNファイルを作成するときは、DGNファイルのテンプレートとしてシードファイルを選択します。新しいDGNファイルは、実際にはシードファイルのコピーです。

シードファイルには(必ずしも)要素は含まれていませんが、他のDGNファイルと同様に、少なくとも1つの(既定)のモデル、設定値、およびビュー構成が含まれています。カスタマイズされた設定値を含むシードファイルを作成しておくと、新しいDGNファイルを作成するたびに設定値を調整する必要がなくなります。必要に応じて、図面のタイプごとに異なるシードファイルを用意しておくこともできます。

シードファイルは、通常、MicroStationのプログラムディレクトリの..\Default\Seed\フォルダ、またはコンフィギュレーションディレクトリの..\Organization\Seed\フォルダに保存されます。汎用のシードファイル"seed2d.dgn"および"seed3d.dgn"の他に、各分野固有のシードファイルが多数用意されています。