MicroStation CONNECT Edition Help

「参照」ツールボックス

次の場合に使用するツールがあります。

  • 「参照」ダイアログボックスにアクセスするとき
  • 参照先モデルをアクティブなモデルにアタッチするとき
  • アタッチされた参照先モデルの位置、尺度、枠、および向きを制御するとき
  • アクティブなモデルから参照先モデルをデタッチします。
  • 参照を再ロードします。
  • 参照の表示方法を設定


「参照」ツールボックスのツールは、次の方法でも選択できます。

  • 「参照」ダイアログボックスのアイコンから選択します。
  • 「参照」ダイアログボックスの「ツール」メニューから選択します。「参照」ダイアログボックス内のコントロールは、参照ファイル設定値の調整にも使用されます。

既定では、ツールボックス内の一部のツールは表示されません。すべてのツールを表示するには、ツールボックスを右クリックして、メニューから「すべてを表示」を選択します。

操作 「参照」ツールボックスで選択するツール
「参照」ダイアログボックスを使って参照ファイルを管理します。

「参照」ツールは「本図ツール」ツールボックスにもあります。



参照
アクティブなモデルにモデル(参照)をアタッチします。


参照をアタッチ
参照の切り取り境界を変更します。


参照ファイル枠外切り取り定義
切り取り境界の内部にある参照の一部をマスク(カバー)します。


参照の一部をマスク
参照の一部のマスクを選択して削除します。


参照ファイル切り取りを削除
3次元参照ファイルの後ろ切り取り面を設定します。


参照ファイルの後ろ切り取り面定義
3次元参照ファイルの前切り取り面を設定します。


参照ファイルの前切り取り面定義
参照を再ロードし、参照に対する最新の変更を確認します。


参照を再ロード
参照を移動します。


参照を移動
参照をコピーします。


参照をコピー
参照の尺度を設定します。


参照の尺度を設定
参照を回転させます。


参照を回転
参照を水平軸または垂直軸に沿って鏡映します。


参照を鏡映
参照をコピーし、参照のビューを直交軸、または2点で定義された線分を中心に折りたたんでアタッチします。


参照をコピー/投影
参照のレンダリングモードを設定します。


参照の表示方法を設定
アクティブなモデルから参照をデタッチします。


参照をデタッチ
ビュー内の参照要素を更新します。 REFERENCE UPDATE キー入力コマンドを使用
キー入力: DIALOG TOOLBOX REFERENCE [ OFF | ON | TOGGLE ]