MicroStation CONNECT Edition Help

DWG作業モードでの参照の操作

DWG作業モードで操作する場合は、以下の点に注意してください。

  • 参照をアタッチする際に、参照ファイルの画層を指定することができます。

    AutoCAD DWGファイルまたはDXFファイルの場合、各XREFまたはレイアウトビューポートは特定の画層に配置されます。MicroStationでDWGファイルを開くと、XREFおよびレイアウトビューポートは参照として扱われ、同じ画層に配置されます。参照の画層を修正するには、「参照」ダイアログボックスを開きます。参照をダブルクリックして「アタッチのプロパティ」ダイアログボックスを開き、「画層」設定値を修正します。

    画層がフリーズされている場合、その画層にある参照は表示されません。

  • モデルは、モデル自体に参照(自己参照)としてアタッチすることができません。
  • 切り取りマスクは、参照で使用することができません。
  • ライブネスト参照を操作することはできますが、ライブネストをオフにしたり、ネストの奥行きを制御したりすることはできません。ただし、「アタッチのプロパティ」ダイアログボックスの「ライブネストの場合参照ファイルを無視」設定値を使用する場合は除きます。