MicroStation CONNECT Edition Help

プロットの送信

印刷オーガナイザを使用すれば、印刷セット内のすべてまたは一部のファイル、あるいはフォルダ内のすべてのファイルを印刷できます。印刷セットの印刷準備が完了したら、「印刷オーガナイザ」の「ファイル」メニューから「印刷」を選択し、「印刷」ダイアログボックスを開きます。



印刷オーガナイザの「印刷」ダイアログボックス

印刷オーガナイザの「印刷」ダイアログボックスを使用して、次の操作を行うことができます。

  • 「プリンタセットアップ」ダイアログボックスを開いてプリンタドライバを選択したり、プリンタドライバ構成ファイルを編集したりできます。
  • 印刷範囲を指定したり、プリンタドライバが部数の指定に対応している場合には、部数を指定したりできます。
  • Windowsプリンタドライバの場合、「プリンタへ送信」、「印刷ファイルを作成」、「Windowsメタファイルを作成」、「InterPlotサーバーに送信」のいずれかの出力モードを指定できます。詳細については、「 ProjectWise InterPlot Serverへの印刷 」を参照してください。
  • 印刷セットを単一または別々の印刷ジョブとしてBentley PDFプリンタドライバに送信します。
  • ファイルへ印刷するときは出力先フォルダを変更します。
  • ジョブが完了したらPDF印刷ファイルを開きます。
  • 出力ファイル名として出力ファイル名の値を指定します。
注記: プリンタドライバ構成ファイルを別の用紙サイズが設定されているものに変更すると、その印刷セットにある印刷定義を1つずつ変更する作業が発生します。したがって、ファイルを印刷オーガナイザに追加する前にプリンタドライバ構成ファイルを選択しておくことをお勧めします。

印刷セットを印刷するときに、「印刷範囲」を「すべて」と「選択」のどちらかに設定できます。「すべて」に設定すると、選択しているファイルやフォルダに関係なく印刷セット全体が印刷対象になります。「選択」に設定すると、現在選択しているものが印刷対象になります。選択している対象がフォルダの場合には、そのファイル内のファイルとそのサブフォルダ内のファイルが印刷対象になります。

プリンタドライバが部数の指定に対応している場合には、部数を指定することもできます。一部を除いて、ほとんどのWindowsプリンタドライバは部数の指定に対応しています。hpgl2.pltcfgプリンタドライバとpscript.pltcfgプリンタドライバは部数の指定に対応していますが、それ以外のBentleyプリンタドライバは対応していません。

Bentley PDFプリンタドライバ(pdf.pltcfg)を出力先に設定した場合は、印刷ジョブを1回にまとめて送信するのか、別々に分けて送信するのかを指定することができます。印刷ジョブを1回にまとめて送信する場合、複数ページのPDFファイルが作成されます(複数の印刷定義を選択している場合)。印刷ジョブを別々に分けて送信する場合、印刷定義ごとにPDFファイルが分けて作成されます。印刷オーガナイザを使用する場合、既定では印刷セットに定義した階層構造は、複数ページのPDFドキュメントをパブリッシュするときにも、そのまま維持されます。つまり、PDFファイル内のブックマークには、印刷オーガナイザで表示したときの印刷セットの階層がそのまま反映されます。