MicroStation CONNECT Edition Help

「幾何補正」ツールの使用

「幾何補正(W)」(Warp)ツールを使用すると、移動、拡大縮小、回転、歪みなどによってラスター画像を操作できます。この操作を行うには、画像上に点を定義し、デザインファイルで対応する点を定義します。ラスターマネージャは、この情報を使用して、デザインファイルの点に対して画像の最適なフィットが得られるようにします。このツールは、測量用航空画像に表示されるフィーチャを、デザインファイルの対応するフィーチャと一致させるときなどに使用できます。