MicroStation CONNECT Edition Help

データファイル構成変数

次の表に、データファイルに影響する構成変数の一覧を示します。各構成変数は有効な値です。値が有効な場合、設定は上書きされません。構成変数の変更を有効にするために、終了して再起動する必要はありません。

変数 Short name 説明
MS_CUSTOMSHEETSIZEDEF Sheet Size Definitions シートモデルを作成するときに使用可能なシートサイズ定義ファイルの場所を定義します。
MS_CUSTOMSCALEDEF Scales Definitions モデルを作成するときに使用される尺度定義ファイルの場所を定義します。
MS_CUSTOMUNITDEF Unit Definitions for Upgrading V8以前のファイルをV8 DGNファイルにアップグレードするときに使用される単位定義ファイルの場所を定義します。
MS_HTMLDGNDIR HTML Template Directory HTMLドキュメントのセル画像を生成するために使用されるテンプレートDGNファイルを含むディレクトリです。
MS_WMS_SERVERS_SEED Seed file for MS_WMS_SERVERS file MS_WMS_SERVERSに指定されているファイルが存在しない場合、マップエディタにより、この構成変数に指定されたファイルがコピーされ、ファイルが作成されます。
MS_WMS_SERVERS Web Map Service Servers 「Web Map Service」ダイアログボックスのサーバーの一覧を表示します。
MS_DATETIMEFORMATS Standard Date Time formats 「日付/時刻」フィールドの「フィールドエディタ」から使用可能なフォーマットの一覧を提供します。
MS_SETTINGS Settings Resource 設定値ファイルを開きます。
MS_SETTINGSOUTDIR Settings Output Directory 新しく作成された設定値ファイルのディレクトリです。この構成変数は、バッチ処理ユーティリティの処理ジョブおよびコマンドファイルの既定の出力元と出力先、およびバッチ変換ジョブファイルの既定の場所を格納するためにも使用されます。
MS_SETTINGSDIR Settings Directory 設定値ファイルを含むディレクトリです。
MS_REMAP_CSVFILE Remap CSV File この変数が、再マップするCSV(Comma Separated Value)ファイルを指している場合に、再マップフィルタによってそのファイルが「名前を付けて保存」操作中の再マップ対象に既定で設定されます。
MS_BSILOG_CONFIG_FILE Logging config file 診断ログの制御と構成を行うファイルの場所です。既定値は$(MS_DATA)BSILOG.CONFIG.XMLです。
MS_BSILOG_ENABLE Enable diagnostic logging 診断メッセージのログを可能にします。