MicroStation CONNECT Edition Help

「JT Exporter」ダイアログボックスの「JTオプション」タブ

DGNファイルからJTファイルに図形を変換する方法を指定ために使用します。タブは「JT Exporter」ダイアログボックスに表示されます。



設定説明
弦許容差 出力メッシュの弦許容差を設定するために使用します。主単位です。数値が小さくなるほど、メッシュの精度が上がります。弦許容差は、角度許容差の前に適用されます。
角度許容差 メッシュ要素の最大角度を設定するために使用します。角度が小さくなるほど、出力が詳細になります。この値を45度よりも大きく設定するべきではありません。
線分の最小長 エクスポート可能な線分の最小長を設定するために使用します。主単位です。点を排除するために便利です。点の線分の長さはゼロであるため、ゼロの値を使用して点を排除できます。

エクスポート設定を保存する*.jtでは、この値は"点許容差"の下に保存されます。

JTバージョン ファイルをエクスポートするために使用するJTバージョンを設定するために使用します。既定は9.5です。
参照のネスト 参照ファイルのネスト画層を設定するために使用します。ゼロ(0)から5までの値を使用できます。既定はゼロ(0)です。
プリミティブをファセット オンにすると、ファセットが基本図形に追加されます。オフにすると(既定)、MicroStationの3次元の基本図形がJT基本図形としてエクスポートされます。

MicroStationが作成した基本図形がデータに含まれないかぎり、このオプションを使用する必要はありません。

インスタンス作成 同じ名前のセルが共有セルとして処理されます。
  • 「インスタンス作成」を選択すると、DGNファイルに複数回配置された場合でも、DGNファイルのセルと共有セルは、JTファイルに1回だけ保存されます。
  • 「インスタンス作成」を選択しない場合、DGNファイルに複数回配置されたセルと共有セルは、JTファイルに個別に配置され保存されます。

既定はオンです。ファイルサイズが削減され、パフォーマンスが向上するため、この方法を使用することをお勧めします。

2次元要素をエクスポート オンにすると、2次元平面図形が2次元要素としてエクスポートされます。オフにすると(既定)、2次元平面図形がファセットサーフェスとしてエクスポートされます。

2次元要素がJTファイルで必要な場合にのみ、このオプションを使用してください。

Brep/ULPをエクスポート オンにすると、スマートソリッドやフィーチャソリッドなどのソリッドエンティティが、ファセットではなく、ソリッドとしてエクスポートされます。追加の修正を行う場合、これらのソリッドを、JT B-repに対応する他のCADアプリケーションにインポートできます。結果のJTファイルが大きくなるため、このオプションは、JTビジュアリゼーションには推奨されません。

オンにすると、曲線要素が、パラソリッドワイヤボディとしてエクスポートされます。オフにすると、曲線要素はストロークとして分割され、ポリラインとしてエクスポートされます。

オフにすると、スマートソリッドとフィーチャソリッドが、ULP(超軽量精度)b-repとしてエクスポートされます。これにより、JTファイルサイズが小さくなります。

切り取り領域 オンにすると、ファイル、モデルなどのすべてのDGNデータがファセットのセットとしてエクスポートされます。すべての参照が1つのJTファイルに統合されます。
画層の関連付け オンにすると、画層ノードがJT構造のツリーに追加されます。
セルを分解 オンにすると、ネストしたセルと共有セルは削除され、基本的な図形要素として処理されます。また、セルの階層構造は削除されます。これにより、エクスポートしたJTファイルのサイズが小さくなります。
寸法をエクスポート オンにすると、寸法要素がエクスポートされます。
テキストをエクスポート オンにすると、テキストとテキストノード要素は、PMI(製品製造情報)注記としてエクスポートされます。
小フィーチャを削除 オンにすると、「弦許容差」で設定されている値よりも小さなサイズのホールなど、小フィーチャが削除されます。
詳細レベルをエクスポート オンにすると、サーフェスエンティティとソリッドエンティティが高、中、低精度でファセットされ、"Lod 1""Lod 2""Lod 3"の3つの詳細レベルでエクスポートされます。このチェックボックスの下にあるリストボックスで、詳細レベルごとに許容差の値を設定できます。