MicroStation CONNECT Edition Help

シートと図面の番号付け

図面識別子とシート番号は、シート間の移動を可能にするプロパティです。

吹き出しのプレースホルダフィールドは、図面境界にリンクしています。このリンクを使用して、吹き出しのプレースホルダフィールドは、対応する図面境界のプロパティ値を評価して表示します。

注記: プレースホルダフィールドをテキストで置換する場合は、図面識別子とのリンクが失われ、プレースホルダフィールドを更新できません。このため、プレースホルダフィールドをテキストで置換しないことをお勧めします。

シートインデックス

シートインデックスを設定しているときに、シートとフォルダに対して、桁数、シート番号の前記号と後記号、開始番号、増分などの番号付けプロパティを設定できます。シートインデックスのプロパティは、「シートインデックスを管理」ダイアログボックスまたは「プロパティ」ダイアログボックスで修正できます。

図面境界識別子

シートを構成するとき、シートに図面境界を配置すると、図面境界ごとに一意の図面境界識別子が自動的に作成されます。この識別子の表示形態は次の2つです。

  • 図面境界のフィールド
  • 対応する図面境界を指す断面吹き出し、詳細吹き出し、または立面吹き出しのフィールド

したがって、シート名や吹き出しを指定することで、異なるシートの図面境界の間を簡単に移動することができます。