MicroStation CONNECT Edition Help

サーフェスの材質の定義

材質の定義および割り当ては、2つの異なるカテゴリ(ローカルと外部)に分けることができます。既定では、材質はローカルでDGNファイルにパレットとして保存されます。外部の材質の場合は、レンダリング中に外部の材質割り当てテーブル(.mat)ファイルと材質パレット(.pal)ファイルが必要になります。「材質エディタ」ダイアログボックスの「テーブル」メニューのオプションでは、ローカル材質を外部ファイルに変換またはエクスポートできます。

必要に応じて、他のDGNファイルに格納されているローカルパレットと材質にアクセスできます。

材質の定義とは、色、テクスチャ、不透明度(透過)、および仕上げに関連する属性で、材質パレットで作成および保存します。外部の材質の場合は、材質の適用時、つまりレンダリング時には必ずパレット(.pal)ファイルが必要です。ローカルの材質では、材質に初めてアクセスする場合のみ外部パレットファイルが必要になります。既定では、その後DGNファイルに保存されます。

注記: 多くのサンプル材質定義が収録されています。独自の材質の定義を作成せずに、既存の材質の定義を要素に適用する場合は、 「材質を割り当て」 ツールを参照してください。