MicroStation CONNECT Edition Help

MicroStationでは、カスタム色テーブルを使用することができますが、AutoCADでは、すべてのファイルで標準色テーブルが使用されます。MicroStationで使用されるDWGファイルの表示色は、AutoCADの表示色と正確に一致します。DWGファイルをプロットする際は、MicroStationとAutoCADの両方で表示色と若干異なる色が使用されます。

DWGファイルに保存される色の操作

DGNファイルをDWGフォーマットに保存すると、色は、DGN要素のRGBカラー値に基づいて、AutoCADの固定色テーブルに自動的にマップされます。

DGNファイルの色をDWGファイルで表示する方法を明示的に制御するには、「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「再マップ」タブで「再マップ」機能を使用してファイルを保存します。

DWG作業モードでの色の操作

一般に、DWGファイルの表示やプロットに使用する色テーブルを変更する必要はありません。また、望ましくありません。ただし、必要に応じて、構成変数MS_SYSTEMDATAで指定されたディレクトリで色テーブルDWGDisplayColors.tblとDWGPlotColors.tblを修正して、色を変更することができます。これらのファイルはMicroStationの標準テーブルです。これらのファイルを修正するには、「色パレット」ダイアログボックスを使用します。次回MicroStationでDWGファイルを開くと、修正された色テーブルが使用されます。

DWG/DXFファイルが参照としてアタッチされている場合は、MS_DWGREF_ALLOWMASTERCOLORS構成変数を設定して、参照表示用の色テーブルとして、参照のAutoCAD色テーブルを使用するか、アクティブなデザインファイルの色テーブルを使用するかを制御します。