MicroStation CONNECT Edition Help

パターニングとハッチング

MicroStationパターニングは、AutoCADのハッチングに似ています。

DWG作業モードでのパターニングとハッチングの操作

DWG作業モードでは、MicroStationのパターニングは、AutoCADのハッチングに置き換えられます。

「領域をパターン」ツール設定ウィンドウの「パターン」フィールドはコンボボックスになっていて、DWGパターンファイルareapat.patに格納されているパターンを既定で表示します。このファイルには、付属のセルライブラリareapat.cel内の各パターンのDWGパターン定義が格納されています。

別のDWGパターンファイルを選択するには、「パターンファイル」に完全ファイル名、すなわちパスとファイル名を指定するか、またはその横にある参照アイコンをクリックしてファイルシステムを参照します。

付属のパターンセルライブラリ(archpat.celareapat.celgeompa.celigespats.cellinepa.cellutilpat.cel)のそれぞれに対して、DWGパターンファイルが用意されています。DWGパターンファイルはそれに対応するセルライブラリと同じ名前を持ちますが、拡張子は.patになります。

別のDWGパターンファイルを選択するには、「パターンファイル」に完全ファイル名、すなわちパスとファイル名を指定するか、またはその横にある参照アイコンをクリックしてファイルシステムを参照します。

付属のパターンセルライブラリ(archpat.celareapat.celgeompa.celigespats.cellinepa.cellutilpat.cel)のそれぞれに対して、DWGパターンファイルが用意されています。DWGパターンファイルはそれに対応するセルライブラリと同じ名前を持ちますが、拡張子は.patになります。

パターンで実線ではない線種を使用している場合、DWG形式で保存すると、パターンは解除され、"*X"という名前の前記号が付いた無名のブロックになります。

MicroStationでは、「ビュー属性」ダイアログボックスで塗り潰した要素とパターンを個別に制御できますが、AutoCADではシステム変数FILLMODEのみで両方のパラメータを制御します。FILLMODEがオンの場合、塗り潰し領域とハッチング領域の両方がAutoCADで表示されます。FILLMODEがオフの場合、どちらも表示されません。DWGとの互換性のために、「塗り潰し」「パターン」の両方を同じ状態に設定する必要があります。「ビュー属性」ダイアログボックスの両方をオンにするか、両方をオフにします。ただし、DGNファイルで「塗り潰し」「パターン」を異なる設定にしており、DGNファイルをDWGとして保存する場合は、次のような結果を想定する必要があります。
  1. 「塗り潰し」をオン、「パターン」をオフ。
    • 「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「画層表示のソース」で有効なビューを選択します。
    • アクティブなファイル内のパターンはDWGファイルに保存されず、オフになっているパターンの表示が維持されます。
    • 参照ファイル内のパターンは、マスターファイルの「ビュー属性」に関係なく保存されますが、出力されたDWG参照ファイルのFILLMODEは、参照ファイルの塗り潰しやパターンの状態に基づいて設定されます。
  2. 「塗り潰し」をオフ、「パターン」をオン。
    • 「DWG/DXFとして保存オプション」ダイアログボックスの「画層表示のソース」で有効なビューを選択します。
    • パターンはアクティブなファイルと参照ファイルの両方に保存されます。
    • FILLMODEは、出力されたアクティブなDWGファイルでオンになります(つまり、保存されたDWGファイルを開いたときに、塗り潰しがオンになっている状態で表示されます)。