MicroStation CONNECT Edition Help

スクリプトを使用した作業

「MicroStationアニメーション制作機能」ダイアログボックスの「ファイル」メニューには、スクリプトで作業するときの項目があります。

選択 操作
新規スクリプト DGNファイルで新規のアニメーションスクリプトを作成します。
スクリプトを開く DGNファイルで既存のキーフレームを開きます。
スクリプトを拡大/縮小 単位によってアニメーション全体を拡大または縮小します。これによってアニメーション全体の速度が低速または高速になります。
スクリプトをコピー スクリプトのコピーを作成します。
スクリプトを含める DGNファイルまたは参照にある既存のスクリプトを含めます。
MSAファイルをインポート 古いアニメーションスクリプトファイルをインポートします。現在のファイル名でアニメーションスクリプトが作成されます。
スクリプトを消去 開いているスクリプトのすべてのエントリがクリアされます。
スクリプトを削除 DGNファイルからスクリプトを削除します。
スクリプトを記録 アクティブなスクリプトを記録します。
記録したシーケンスを続行 ネットワーク接続されたシステムでのスクリプト記録、または中断された記録を継続します。
トーンマッピングBIMGファイル トーンマッピングを適用し、BIMG出力フォーマットでアニメーションフレームを作成します。
終了 「MicroStationアニメーション制作機能」ダイアログボックスを閉じます。

アニメーションシーケンスをスクリプト化するときに、照明、材質などのレンダリング設定を時間の関数として変更できます。さらに、テクスチャマップ、バンプマップ、背景画像で、アニメーション化された画像シーケンスを構成できます。変化するようにスクリプト化された設定は、ある設定から次の設定へ補間されます。時間/フレームの設定がゼロのスクリプトエントリがない場合、現在のDGNファイル設定が使用されます。

V8 XM Edition以前のMicroStationでは、設定の最初のスクリプトがフレーム20にあった場合、この設定はフレーム0からフレーム20にも使用されました。現在は、フレーム0のDGNファイル設定からフレーム50のスクリプト設定まで補間されます。

また、V8より前の動作が指定された.msaファイルでは、フレーム20をコピーして別にフレーム0のスクリプトエントリを用意します。この処理は、インポート時に古い動作を維持するために実行されます。

スクリプトの拡大/縮小

必要に応じて、開いているスクリプトに適用する乗数値を定義できます。これは、事前に指定した時間で実行したり、モーションをスムーズにするためにフレームを追加するには、アニメーションのサイズを変更するのが有効です。

含まれているスクリプト

前に作成したスクリプトを開いているスクリプトに含めることができます。たとえば、以前のデザインでは手動と振り子を使用して、時計のアクターを作成してスクリプトを作成できます。新規のアニメーション化された時計を作成するのではなく、新しいデザインについて時計のアクターを指定したモデルを参照し、スクリプトを含めることができます。または、新しい時計を作成した場合、アクター名を元の名前と同じにして、元の時計のスクリプトを含めます。