MicroStation CONNECT Edition Help

デザイン履歴の記録

DGNファイル内のモデルで作業している場合は、DGNファイルのデザイン履歴を作成できます。通常、デザイン履歴は、システム管理者がファイルを作成した時点で初期化されているため、初期化する必要はありません。

デザイン履歴 を使用すると、改訂番号、変更された要素、改訂タイプなどのパラメータを基準として、DGNファイルに対するすべての変更を追跡できます。必要に応じて、履歴上の変更を元に戻したりやり直したりすることで、要素を前の状態に復元できます。さらに、要素レベルで変更を追跡することができます。

デザインを変更した場合は、改訂としてコミットできます。改訂をコミットする頻度は、個人的な好みや組織の要件によって異なります。

改訂を簡単に追跡できるように、各改訂は、修正番号、日付と時刻、作成者、注記、およびタグによって識別されます。改訂をコミットすると、モデルの現在の状態と最後に保存された改訂の間の違いが記録されます。その改訂が、「デザイン履歴」ダイアログボックスに表示されます。



シードファイルから作成され、デザイン履歴が初期化されているDGNファイルには、必ずデザイン履歴が保存されます。