MicroStation CONNECT Edition Help

アキュドローでのショートカットスナップモードの使用

アキュドローには、次の一般的なスナップを拡張するキーボードショートカットがいくつかあります。

  • "N" - 間近
  • "C" - 中心
  • "I" - 交点

これらのショートカットは、ステータスバーからスナップを選択するのと同じ効果があります(「間近」は例外です)。

「アキュドロー」の強化された「間近」スナップモード

MicroStationでは、アキュスナップを利用しても手動でも、アキュドローを無効にして「間近」でスナップすると、ポインタに最も近い要素上の点にスナップ点が配置されます。アキュドローがアクティブの場合は、少々異なります。ポインタがX、Y、距離、角度のいずれかのロックにより拘束されているとき、「間近」スナップモードを使用して要素をスナップすると、要素上でアキュドローのロックに従った位置の間近な点上にスナップが生成されます。

スナップされた要素上にアキュドローのロックを満たす点がない場合は、スナップされた点は、単純にポインタに最も近い要素の上に現れます。この点は、アキュドローのロックで決定された仮定の線分または円周に投影されます。



「スマートラインを配置」ツールでの、角度で拘束された「間近」スナップ

キーポイントスナップ等分を設定

厳密にはスナップモードではないものの、スナップに関連するショートカットはもう1つあります。ショートカットの<K>キーを押すと、「キーポイントスナップ等分」ダイアログボックスが開きます。ここで、各要素におけるキーポイントの数を定義できます。このショートカットを使用すると、次のスナップポイントはキーポイントスナップになります。