MicroStation CONNECT Edition Help

統合選択

非モーダルダイアログボックスの多くで、統合選択、つまり選択が相互に同期する機能が提供されるようになりました。たとえば、「エクスプローラ」ダイアログボックスでデザインモデルを選択すると、「モデル」ダイアログボックスでそれと同じデザインモデルが選択され、さらにそのプロパティが「プロパティ」ダイアログボックスと「詳細」ダイアログボックスに表示されます。同様に、「モデル」ダイアログボックスでデザインモデルを選択すると、「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブ(ただしタブは自動的には展開されない)でそれと同じデザインモデルが選択され、そのプロパティが「プロパティ」ダイアログボックスと「詳細」ダイアログボックスに表示されます。要素およびその他のオブジェクトについても、これと同じように動作します。

また、下位選択もサポートされています。たとえば、「エクスプローラ」ダイアログボックスの「ファイル」タブで「スマートソリッド」要素タイプを選択してから、「プロパティ」ダイアログボックスの選択ツリーから特定のスマートソリッド要素を選択した場合、「エクスプローラ」に小さな矢印が現れてツリーでの選択内容が示されます。「詳細」ダイアログボックスを開いている場合は、「詳細」ダイアログボックスの行が自動的に選択されます。逆の場合も同じです。ビューウィンドウもこれと同じように動作します。