MicroStation CONNECT Edition Help

アクティブな線幅

アクティブな線幅の設定、および選択した要素の線幅の変更に使用するオプションメニューが表示されます。

複数の要素を選択した場合、各要素の線幅が選択した線幅に変更されます。

アクティブな線幅を「ByCell」または「ByLevel」に設定することもできます。「ByCell」を選択してセルを置くと、セルの作成時の線幅ではなくアクティブな線幅が使用されます。「ByLevel」を選択して要素を置くと、アクティブ画層に対して定義されている線幅で要素が表示されます。

キー入力: ACTIVE WEIGHT CSELECT [ line_weight ]
キー入力: ACTIVE WEIGHT [ line_weight ]
注記: 「ファイル」タブから「設定値を保存」を選択すると、アクティブな線幅の設定値がDGNファイルに保存されます。保存しなかった場合は、アクティブな線幅は初期値に戻ります。
注記: 「ByCell」は、DWG作業モードでのみ既定で有効化されます。DGN作業モードで「ByCell」を有効にするには、標準、作業環境WorkSet、またはユーザー構成ファイルで、 可能変数 _USTN_CAPABILITY <+CAPABILITY_BYCELLを有効にします。