MicroStation CONNECT Edition Help

ツールにテンプレートを追加するには

  1. 「カスタマイズ」ダイアログボックス「ファイル」 > 「設定」 > 「構成」 > 「カスタマイズ」で、「ツール」タブをクリックします。
  2. 「ユーザーツール」セクションを展開して、開いているDGNファイルを展開します。

  3. テンプレートを追加するツールを含むツールボックスを展開します。

  4. テンプレートを追加するツールを選択します。

    テンプレートのパスのプロパティが、「コマンドデータ」タブの「プロパティ」ペインに表示されます。テンプレートのパスのプロパティが「プロパティ」ペインに表示されない場合は、「コマンドデータ」タブの右側にある矢印をクリックします。テンプレートのパスのプロパティが「プロパティ」ペインに存在しない場合は、次の2つの手順を実行します。

  5. (オプション) 次の1つを行います。

    ツールを右クリックして、ポップアップメニューから「追加」を選択します。

    または

    ツールの既存のプロパティの下で右クリックして、ポップアップメニューから「追加」を選択します。

    プロパティカテゴリのカスケードしたサブメニューとプロパティが表示されます。

  6. (オプション) 「コマンドデータ」タブをクリックして、「テンプレートのパス」をクリックします。
  7. 「プロパティ」ペインで、「テンプレートのパス」の右側の矢印をクリックします。
  8. テンプレートグループを展開して、ツールで使用するテンプレートをダブルクリックします。
  9. (オプション) 既定のテンプレートを追加するツールを右クリックして、ポップアップメニューから「追加」を選択します。
  10. (オプション) 「コマンドデータ」タブをクリックして、「既定のテンプレート」をクリックします。
  11. (オプション) 「プロパティ」ペインで、「既定のテンプレート」の右側の矢印をクリックします。
  12. (オプション) テンプレートグループを展開して、ツールで使用する既定のテンプレートをダブルクリックします。
    注記: 「プロパティ」ペインの「関連テンプレート」フィールドで、"常に使用""現在の設定を使用"のどちらかが選択されていることを確認します。「関連テンプレート」が"使用しない"に設定されている場合は、配置した要素でそのテンプレートのプロパティが使用されますが、その要素はテンプレートに関連付けられません。