MicroStation CONNECT Edition Help

縦座標寸法を配置するには

  1. 「縦座標寸法記入」ツールを選択します。
  2. データ点を入力して、縦座標の基準点を定義します。
  3. 2番目のデータ点を入力して、縦座標軸の方向を定義します。
  4. 3番目のデータ点を入力して、補助線の長さを定義します。これにより"ゼロ"寸法が配置されます。「データム値」フィールドが有効な場合は、「データム値」の値が寸法として配置されます。
  5. データ点を入力して、縦座標寸法の終点を定義します。「位置指定」が「自動」または「半自動」に設定されている場合は、文字は"ゼロ"寸法の文字に揃えて配置されます。
  6. 「位置指定」が「手動」に設定されている場合は、データ点を入力して、補助線の長さを定義し、寸法の位置を指定します。
  7. リセットして終了するか、手順5に戻って同じ基準点から別の縦座標寸法を記入します。


    縦座標寸法の配置(「向き」を「ビュー」に設定した場合)

    縦座標寸法の配置(「向き」を「要素」に設定した場合)