MicroStation CONNECT Edition Help

「印刷」ダイアログボックスのプリンタの選択

2種類のプリンタドライバ(WindowsドライバまたはBentleyドライバ)のどちらかを使用します。「印刷」ダイアログボックスの「プリンタと用紙サイズ」セクションにある「印刷」ダイアログボックスのプリンタ一覧で、この2種類のプリンタドライバを切り替えることができます。

既定では、「印刷」ダイアログボックスのプリンタ一覧には、検出されたすべてのプリンタドライバ構成ファイルのラベルを表示とともに、システムに定義されているすべてのWindowsプリンタの一覧が表示されます。表示ラベルではなくファイル名を表示する場合は、MS_PRINTERLIST_VISIBILITY構成変数を使用して表示を調整することができます。

構成変数MS_PRINTERLIST_SYSPRINTERSは、プリンタリストボックスでWindowsプリンタ名を選択または除外するために使用することができます。"0"に設定すると、「印刷」ダイアログのプリンタ一覧にWindowsプリンタ名が表示されません。

Windowsプリンタを選択すると、Windowsプリンタドライバ構成ファイル(既定ではprinter.pltcfg)が自動的にロードされます。必要に応じて、Bentleyドライバを選択することができます。MS_DEFAULT_PLTCFG_FILE構成変数を使用することで、「印刷」ダイアログボックスが開いたときに常に選択される既定のプリンタドライバ構成ファイルを定義することができます。最後に使用したプリンタドライバ構成ファイルではなく、定義したプリンタドライバ構成ファイルが選択されます。

「印刷」ダイアログボックスの下部にある「印刷」ボタンの機能は、ツールバーにある「印刷」アイコン、および「ファイル」 > 「印刷」メニュー項目と同じです。現在選択されている印刷の出力先がWindowsプリンタ、IPアドレス、またはUNC共有ではなくファイルである場合、ボタンは「ファイルに出力」に変わります。省略記号のボタンは、クリックするとファイル選択ダイアログボックスが表示されることを示します。