MicroStation CONNECT Edition Help

複数のデジタル署名

モデルまたはファイルには複数の署名を含めることができ、数に制限はありません。

新しい署名を追加しても既存の署名は無効になりませんが、ある署名が有効でも他の署名は無効という可能性があります。複数の署名への対応は、複数のユーザーが自分の署名を1つのモデルまたはファイルに追加できるということです。または、1人のユーザーが複数箇所で1つのモデルに署名できます。各署名には独自の検証済みステータスがあるため、モデルまたはファイルを変更して以前の署名が無効になった後に、新しい署名を追加できます。この操作は変更を開始するときと似ています。「デジタル署名」ダイアログボックスは、モデルまたはファイルの署名を検出して位置を特定するときに便利です。

署名の階層

場合によっては、他の署名をした後にのみ署名することがあります。新規の署名によって、ファイルの内容と他の署名の両方を承認する場合、"副署"と呼ばれることもありますが、MicroStationでは"署名の階層"と呼びます。

階層には署名順序が保存され、新しい署名の必要条件として必要な署名も記録されます。新規の署名はこの必要条件の署名に依存し、必要条件の署名が削除されたり無効化された場合は、新規の署名も無効になります。この場合、必要条件の署名が後で有効になった場合でも、(新規の)依存性署名は無効です。このとき、署名の順序は保存されます。ネストされた階層を作成して、新規の署名を、すでに必要条件の依存関係がある署名に依存させることができます。署名階層の深さには構造上の制限がありません。1つの署名は、複数の依存性署名の必要条件になる可能性があります。この場合、階層は重複します(ツリーではなくグラフが定義されます)。「デジタル署名」ダイアログボックスには、階層の関係が図示されます。

署名の階層は、署名順を確認する唯一の証拠です。署名日は、署名順の信頼できる指標にはなりません。理由はいくつかあります。

  • 署名の日付は信頼できない指標です。
  • 削除された署名が古い日付で復元される可能性があります。
  • 共有ファイルが使用される場合、同時に複数のユーザーが1つのファイルに署名する可能性があります。