MicroStation CONNECT Edition Help

「外形線設定値」ダイアログボックスの「全般」タブ

ルール線、交点、外形線、文字、寸法などのさまざまなアイテムを表示するかどうかを定義するコントロールが含まれています。

設定説明
方法 処理方法を制御します。
  • 高速 - この方法は、ファセット表現の曲面を近似することで、迅速に結果を提供します。これによって、大きなモデルの処理時間を大幅に短縮できます。
  • 正確 - この方法は、曲線の図形の正確な表現を提供しますが、特に大きく複雑なモデルの場合には、処理にかなりの時間がかかる場合があります。
精度 外形線の消去処理を内部計算する精度を制御します。通常、ほとんどの計算は厳密なものです。ただし、概算値を求める方が速い場合があります。
  • 「低」、「中」、「高」 - オプション「低」、「中」、または「高」を選択すると、処理するビューのサイズに基づき、精度がオプションに応じて計算されます。「高」精度を選択すると、処理時間が増加しますが、高品質の出力が得られます。
  • 許容差へ - 「許容差へ」設定値を選択すると、処理の精度が「許容差」の設定によって制御されます。
許容差 (「精度」を「許容差へ」に設定した場合のみ)外形線計算の最大エラー(精度)を明示的に制御します。そのため、精度はビューのサイズには基づきません。許容差が小さい場合も処理時間は増加し、高品質の出力が得られます。許容値は主単位で定義する必要があります。
交点の算出 オンの場合には、要素と要素の交点は自動的に計算されます。


交点の算出

その結果、外形線を生成するための処理時間が大幅に増加します。

テキストと寸法を処理 オフの場合には、文字と寸法は表示テストを行わずに、ビューの奥行きとは無関係に表示されます。
滑らかなエッジを削除 オンの場合、2つの接面がブレンドされた(スムーズな)線要素は表示されません。
注記: MS_VISEDGES_OMIT_EDGES_BETWEEN_PLANAR_FACES構成変数を1に設定すると、「滑らかなエッジを削除」チェックボックスがオフになっている場合でも、隣接する平面の内部エッジが省略されます。メッシュ面間の内部エッジを正しく表示しない外部フォーマットからインポートされたメッシュの場合に、望ましい方法である場合があります。
カスタムの線種を展開 オンの場合、線種属性への修正が処理され、生成された外形線に表示されます。

オフの場合、線種属性への修正は無視されます。

材質から色を使用 オンの場合、エッジの色は図形要素に割り当てられた材質で決まります。このオプションを使用することで、非常にリアルな外形線の抽出が可能になります。
透過性のしきい値 オンの場合、外形線ソリューションで要素が透明とはみなされなくなる透過度が決まります。たとえば、ある図形の透過度が50%の場合、外形線ソリューションでその図形が透明になるのは、透過性のしきい値が50%未満に設定されている場合のみとなります。外形線を表示する場合、透過するオブジェクトのエッジが表示されますが、そのオブジェクト自体やその背後にあるオブジェクトが見づらくなることはありません。
注記: 透過性のしきい値は、透過図形が影を投射するかどうかを制御することもできます。この設定がオンになっていて、かつオブジェクトの透過度が透過性のしきい値を超えている場合、影は投射されません。