MicroStation CONNECT Edition Help

寸法記入のキー入力コマンド

次のキー入力コマンドは、特別な寸法記入タスクに使用します。

操作 キー入力
枠内の寸法要素を分解して線分、連続線分、楕円、弧、文字にする FENCE DROP DIMENSION
個々の補助線のオン/オフを切り替える CHANGE DIMENSION EXTENSION
寸法要素の文字の向きを決めるビューを変更する CHANGE DIMENSION VIEW
寸法文字の配置基準を変更する CHANGE DIMENSION JUSTIFICATION

個々の補助線のオン/オフの切り替え

単一の補助線のオン/オフの切り替え、寸法のすべての補助線のオン/オフの切り替え、寸法要素のすべての補助線のオン/オフの反転を行うことができます。

寸法文字の向きの基準となるビューの変更

既定では、寸法要素の文字の向きは、要素を配置したときに最初のデータ点を入力したビューによって制御されます。

寸法文字の配置基準の変更

「CHANGE DIMENSION JUSTIFICATION」キー入力コマンドを使用して、寸法内の文字の配置基準を中央、左、または右に変更することができます。fromstyleオプションは、文字を寸法スタイルの既定の位置に戻します。