MicroStation CONNECT Edition Help

3次元の補助座標系

補助座標系ACS)は、DGNファイルの座標(グローバル系)とは異なる向きまたは原点を持つ座標系です。これは3次元特有の概念ではありませんが、補助座標系は3次元モデリングにおける作図の支援として最も有効です。

特定の要素の位置と向きに対応した補助座標系を使用することで、グローバル原点の代わりにモデルの一部分を基準としてデータ点を入力できます。

補助座標系の使用は複雑に見えますが、アキュドローではその3次元機能の基本的な部分として補助座標系を使用し、任意の回転を恒久的に保存できます。アキュドローで補助座標系を有効に使用するために、補助座標系について詳細に理解する必要はありません。

注記: 他のいくつかのCADシステムでは、補助座標系はUCS(ユーザー座標系)と呼ばれています。