MicroStation CONNECT Edition Help

ダイナミックビューのワークフロー1

この例では、シートモデルを使用して、断面の保存ビューを作成し、図面モデルの保存ビューを参照し、別のシートモデルの図面モデルを参照します。その後、i-modelとして印刷または発行することもできます。

ダイナミックビューと図面構成の段階に関する詳細については、「ダイナミックビュー」を参照してください。

ダイナミックビューを手動で使用するワークフロー1

  1. 「断面吹き出しを配置」ツールを使用して断面を作成します。
  2. 「保存ビューを作成」ツールを使用して、断面の保存ビューを作成します。
  3. 「モデル」ダイアログボックスで、図面モデルを作成して開きます
  4. 「参照」ダイアログボックスで、図面モデルへの参照として保存ビューをアタッチします。
  5. 「モデル」ダイアログボックスで、シートモデルを作成して開きます
  6. 「参照」ダイアログボックスで、シートモデルへの参照として図面モデルをアタッチします。
  7. i-modelを印刷または発行します。

これで、複数のツールとダイアログボックスを使用してさまざまな処理を完了する代わりに、「図面を作成」ダイアログボックスを使用して"自動的に"ワークフロー1を完了できるようになります。

ダイナミックビューを自動化するワークフロー1

  1. 「断面吹き出しを配置」ツールを選択します。
  2. 「図面を作成」チェックボックスをオンにします。
  3. データ点を入力して、断面吹き出しの始点を定義します。
  4. データ点を入力して、終点を定義します。
  5. データ点を入力して、吹き出しの方向と奥行きを定義します。

    「図面を作成」ダイアログボックスが開きます。

  6. 「図面モデルを作成」チェックボックスおよび「シートモデルを作成」チェックボックスをオンにします。
  7. 「OK」をクリックします。

    新しい図面モデルとシートモデルが作成されます。断面ビューが図面モデルで参照され、図面モデルは新しいシートモデルで参照されます。「モデルを開く」チェックボックスがオンになっている場合は、新しいシートモデルが開きます。

  8. i-modelを印刷または発行します。