MicroStation CONNECT Edition Help

周辺光閉塞

周辺光閉塞とは、サーフェスに対する周辺光の閉塞具合に基づいて、サーフェスのシェーディングを計算するテクニックを意味します。この設定に応じて、後退または陥没した領域はより暗く(または明るく)シェーディングされます。周辺光閉塞は、多数の光線をランダムに放射し、何本の光線が近くのサーフェスと交差するかに基づいて、ピクセルに対するシェーディングを計算します。「マップエディタ」ダイアログボックスでのさまざまな設定によって、周辺光閉塞の画層がどのようにサーフェスに影をつけ、多様な効果を生み出すかを制御できます。これはまた、他の層の寄与率を閉塞層によって制御できる場合に、層の突き出し方を変更するときに便利です。周辺光閉塞処理は、最終的な色レンダリングで使用される材質に薄汚れた質感を追加する場合などに使用できます。



多重周辺光閉塞処理により、材質に色あせた外観を作り出す

周辺光閉塞処理を用いて、シンプルな材質にさらに高いレベルのリアリズムを加えることができます。たとえば下の画像の場合、右の画像は周辺光閉塞処理をアルファ画層として使用しており、椅子のクッションの色と、背景に使用されているより暗いバージョンの同色によって、ホコリが溜まりそうな窪みや裂け目のすべてに暗い影をつけています。



左: 周辺光閉塞処理をしない椅子材質、右: 周辺光閉塞処理をした椅子材質

周辺光閉塞の設定は、「マップエディタ」ダイアログボックスの「マップタイプ」セクションの「プロシージャ」ドロップダウンメニューで設定できます。