MicroStation CONNECT Edition Help

3次元での作図

既定では、3次元モデルのデータ点はビューのアクティブ奥行きに配置されます。スナップをとったり、データ点をビューの空白部分に配置したりすると、それらの点はアクティブな奥行きに配置されます。ただし、ビュー内の任意の奥行きにある既存の要素にスナップをとることもできます。そのようなスナップを承認すると、データ点はスナップのレベルに配置されます。

アキュドローとそのデザイン平面、3次元データ点と3次元スナップ点、および3次元の補助座標系を使用して、アクティブ奥行きから離れたところに要素を配置できます。そうすると多くの場合、アクティブな奥行きを絶えず変更する必要がないため、生産性が向上します。