MicroStation CONNECT Edition Help

SESSION AUTOCOMMIT [OFF|ON]

MicroStationがデータベースに対して、SQL文を自動コミットするモードを切り替える(オン/オフ)のに使用します。

ある特定のデータベースのツールやキー入力コマンドを使うと、MicroStationによってSQL文が生成されます。たとえば、「アクティブなエンティティをアタッチする」ツールを使うと、MicroStationがSQL INSERT文を自動的に生成します。また、SQL文をSQLウィンドウで実行することもできます。

既定では、MicroStationはSQL文をデータベースソフトウェアにすぐにコミットするようになっています。代替モードでは、データベーステーブルへ行の追加が必要となった場合にのみ、MicroStationは文をコミットします。行の追加処理は、まずデータベースソフトウェアに、テーブルをロックするように要求します。そして、コミットはこれらのロックを解除するために要求されます。この代替モードは、コミットされていないSQL文を元に戻したい場合に便利です。

代替モードでは、SQLウィンドウでCOMMITを実行することによって、MicroStationに対してSQL文のコミットを要求できます。SQL文で行った処理を一括して元に戻すには、SQLウィンドウでROLLBACKコマンドを実行してください。